AdinaVoicu / Pixabay

処女卒業の当日に気をつけるべき8つのポイント

「今日はきっとエッチをするに違いない、いよいよ処女卒業!」となった当日、あなたの心はドキドキでいっぱいだと思います。
けれど、ここまできても油断は大敵。
お互いに当日の心変わりがないように事前の準備は怠らずにしましょう。その時のポイントを紹介します。

1.覚悟を決める

ここまできたら後戻りはできません!
万一、途中で「やっぱりやめたい」と言ったら、男性もなえてしまうかもしれません。
「今日こそ卒業する」という強い意志をもちましょう。

2.ムダ毛処理をしておく

普段からムダ毛の処理はしていても、念のために再確認。
特にアソコの毛は、要チェックです。キレイに整えておきましょう。

3.かわいい下着を身につける

やはり男性としては脱がせた時にかわいい下着を着ていると嬉しいものです。
エッチの時に、かわいい下着をつけるのは絶対必須です。

下着のかわいさは男性のテンションにも影響します。
せっかくのエッチの時に地味ーな下着だと、男性も「あまりこの子は自分のことを好きじゃないのかな・・・」とさえ思ってしまいます。

できる女性は、少しでもエッチの可能性ある時(合コンなど)には、必ずかわいい下着をつけるものです。

もし、あまりかわいい下着を持っていない場合には、1セットだけでも買っておきましょう。

4.1時間ほど前に軽めの食事をする

セックスは、一種のスポーツのようなもの。
食べ過ぎたり、食事の直後だったりすると、お腹が痛くなってしまいます。
かといって、空腹の状態では力が出ないですし、気も散ってしまいがち。

ですので、おすすめは1時間ほど前に軽めの食事をしておくこと。

もちろん、デートの後でそのまま・・・という場合は、食事の時間の調整は難しいかもしれません。
その場合は、ベッドに入るまでの時間を計算して、食べる量を調整すると良いでしょう。

特に初体験の場合、どうしても時間がかかることが多いです(2時間~3時間くらいは見ておいた方がいいでしょう)
行為の最中に、お腹が空いてしまったり、逆に満腹過ぎたりしては、感じることに集中できませんので、食事には注意です。

ただし、後で書くように、あまりに気をつかいすぎて、緊張してはよくありませんので、あくまで楽しくやりましょう。

5.アルコールを飲む

お酒を飲める年齢であれば、軽くアルコールを飲んでおくこともおすすめです。
エッチの際、恥ずかしがっていては感じることに集中できません。多少、理性をアルコールで飛ばしておいた方が良いかと思います。

アルコールには、リラックス効果や、感度を上げる効果もあるなど、処女/非処女問わず、エッチ前にアルコールを飲むのは非常におすすめです。
特に初エッチの場合には、初めてのことで不安もあると思いますので、アルコールでそれもかき消してしまいましょう。

6.ブレスケアをしておく

キスの際に、息がくさいと、男性側も萎えてしまいます。
当たり前なのですが、エチケットとしてブレスケアは必須です。

・においのするものは当日や前日は食べない
・キスの前に歯を磨く
・ブレスケア用品を使う
・口が乾かないように水分をとる

など、できる限りの対策をとりましょう。

特に初エッチとなると、緊張で口がかわいて、においが出てしまうことも有りますので、水分補給は重要です。

7.アソコの周りをよく洗う

特に毛深い人は、臭いがしがちですので、毛の生え際などもよく洗いましょう。
また、ボディソープが残らないように、きちんと洗い流すこと。

男性は臭いに気づいていても言ってくれない(言えない)ことがほとんどです。
女性の側で気をつけるようにしましょう。

8.とにかくリラックス

いろいろと気をつけるべきことを書いてきましたが、何よりも大事なのは、ベッドではリラックスすること。

リラックスするほど、身体もやわらかくなり、膣も開くので、スムーズな挿入となりやすいです。
また、リラックスして心を許した状態ほど、感度も良くなるので、より気持ち良い処女卒業となります。

気持ち良い処女卒業の一番の肝は、「膣が濡れた状態で、できるだけリラックスして足を開く」ことです。
ほかのことができなくても、リラックスすることだけは心がけると良いでしょう。


最後まで油断することなく、頑張りましょう!

関連記事