Bergadder / Pixabay

処女卒業サポートサービスとは?

今、「処女卒業サポートサービス」を使って処女を卒業する女の子が増えているそうです。
いったいどんなサービスなのか、実際に利用した女の子にインタビューして調査した結果をお伝えします。

処女喪失の不安や悩みを抱える女の子のためのサービス

処女を捨てたいと思う女の子には、いろいろな不安や悩みがあります。

・そもそもHをする相手がいない(もちろん知り合いに頼むのは恥ずかしい)
・処女喪失は非常に痛いと聞くから不安
・今までに彼氏としようとしたけれども、痛くてうまくいかなかった

などなど・・・。

そんな女の子のために、H経験豊富(特に処女とのH経験も豊富)な男性が、初Hをしてくれるというサービスです。

たいていの場合、インターネットから申し込む形になっているようです。

メリットは?

メリットはなんといっても「今、彼氏がいない女の子でも初エッチができること」「処女とのHに慣れた男性がやってくれるので痛みが少ないこと」でしょう。

今回インタビューした女の子がエッチした男性は、何十人という処女の子を卒業させてきたそうですから、普通の男性よりも圧倒的に経験豊富であることは間違いありません。
処女を捨てる時の痛みは男性側のスキルによって大きく変わってきますから、慣れた男性を選ぶのは重要なポイントです。

実際に卒業サポートを受けた女の子は
「友だちは『鼻からスイカが出るくらい痛かった』と言っていたけど、そんなに思っていたほど痛くなかった」
とも言っていました。

普通の男性では処女とのエッチ経験はまったくない人も多いでしょうし、ある人でもせいぜい数人くらいだと思いますから、何十人という経験をしてきた熟練者に任せた方が痛みが少ないのは間違いないでしょう。

危なくはないのか?

そうは言っても、ネットで知り合った見知らぬ男性と会ってエッチする、というのは危なくはないのでしょうか。

その点、サポートを受けた女性に聞いてみました。

「会うまではたしかに不安でしたが、実際に会ってみると、プロフィール通りの優しそうな普通の人だったので安心しました。緊張している私をリラックスさせようとしてくれたり、エッチの間もとても優しく気遣ってくれたので、怖いという印象はぜんぜんなかったです。ゴムも使ってくれたし、『痛い』と言ったら止めてくれたりと、本当に丁寧でした。あと性病検査の結果がサイトに載っていたのもチェックしました」

とのことでした。

インタビューを聞く限り、少なくともこの女性が受けたサービスについては危ないところはなさそうでした。

どんな男性が来るのか?

たいていのサポートサービスでは、そのサイト上に男性のプロフィールが書いてあり、基本はそのプロフィール通りの男性が来るようです。
写真などは送ってくれないことが多いようです。(ネットで拡散されるのが怖いので、ということでした。たしかにそうだなと思います)

お金はかかるのか?

サポートサービスによりますが、ホテル代も含めて無料なサービスもあれば、ホテル代のみ女性が支払うサービスもあります。
女性がきちんとお金を払うサービスについては「女性向け風俗」として区別されているようです。

今回、インタビューした女性が受けたのは、ホテル代のみ女性が支払うサービスとのことでした。
理由を聞くと「ホテル代も含めて無料の方がお財布には優しいけど、そこまでくるとさすがに怪しいから」とのことでした。

ちなみにホテルは、ラブホテルといわれる2時間〜3時間単位くらいで使えるカップル用のホテルが基本のようです。
地域によりますが、東京だと1回あたり4,000円〜7,000円くらいなので、飲み代1回分くらいでしょうか。
サポートサービスによっては、1,000円〜2,000円くらいのレンタルルームと呼ばれる部屋でのサポートを受け付けているところもあるようです。

申込みから実際のエッチまでの流れは?

まずは自分にあった処女卒業サービスを探しましょう。
「処女 卒業したい 無料」などでGoogleなどで検索をすると、いくつかサービスが出てくると思いますので、内容をよく見てみましょう。
(このページの下の方でもいくつか紹介しています)

良さそうなサービスがあれば、たいていの場合、申込みフォームがありますので、そこから連絡先を送ります。
ちゃんとしたサービスであれば、メールやLINE、カカオトーク、Twitterなどといった主要な連絡手段に対応しているはずです。

その後は、サポートしてくれる男性とやり取りすることとなります。
サポートサービスのほとんどは、個人運営のサービスですので、その弾性との直やりとりです。
たいていのサポートサービスでは、サイト上によくある質問などが書かれているので、実際のやり取りは日程や場所を決めるだけなど、かなり簡素なようです。

そして当日待ち合わせ。
時間帯は平日の夜や土日が多いようですが、「家の事情」や「仕事の事情」などの希望を伝えれば平日の日中でも対応してくれることがあるとのことでした。(おそらくサービスによります)

分かりやすい場所で、服装などを目印に待ち合わせをします。
その後は基本的にすぐホテルに向かう形。

ホテルで軽くトークをして、リラックスしたタイミングでシャワーを浴びてエッチをする形になるようです。
ホテルに入ってから出るまでで、だいたい2〜3時間くらいかかるそう。普通のエッチよりもちょっと長い感じですが、トークしたり、愛撫を丁寧にやっているためなのかなと思います。

事後はホテル前か待ち合わせ場所あたりで解散となるようです。
その後は女の子側から連絡しない限り、連絡が来ることは無いそうでした。

といった感じで、かなりドライに処女卒業ができるので、彼氏がいる子や友だちにバレたくないという女の子でも使えそうです。

気をつける点は?

自宅暮らしの場合

自宅で暮らしている場合の注意点は、男性とやり取りしている時に、いつもと違う行動をして家族から変に思われないような注意が必要でしょう。
具体的には、やけにスマホを気にするとか、スマホを置きっぱなしにしてLINEが来るのを見られてしまうなどです。
まだまだネットで出会うことへの抵抗は強い人が多いですので、なるべく普段と同じ行動をして、変に思われないようにした方がスムーズだと思います。

親が過保護な場合

ものすごく過保護な親御さんの場合は、スマホの位置を調べられている可能性があります。
実際、知り合いの別の女の子で、彼氏とホテルに行ったことをスマホの位置から親に知られて、ものすごい恥ずかしい思いをしたという子がいました。
スマホの電源を切っておけば位置を調べられることはないようですので、男性に会ったあとはスマホの電源を切っておいた方がよいかもしれませんね。
(大学生までは自分の子供を監視しておきたいという親も多いようです)

18歳未満の場合

残念ながら、ほとんどの処女卒業サポートサービスでは、18歳未満の女の子はサービスを受けられません。
なぜかというと、日本では17歳以下と知った上でのセックスは「淫行(いんこう)」という犯罪になる法律があるからです。
逆に17歳以下でもOKというサービスがあった場合には、かなり危ないサービスである可能性が高いでしょう。
18歳まで待つのが確実です。

※ただ、どうしても事情がある場合には、年齢を「18歳」と言ってしまえば男性には分からないとは思います。年齢確認をされることはまず無いので。
くれぐれも相手の男性に迷惑がかからないようにしましょう。

おすすめの処女卒業サポートサービス

処女卒業ガイドが調べた、信頼できそうなサービスをご紹介します。(日本語が怪しいページなどを除外しています)
※ご利用は自己責任でお願いします。

処女を捨てたい、卒業したい女の子へ
対象は、18〜29歳の女性
基本は東京近辺で、出張の際には京都も対応してくれるようです。
対応してくれるのは20代後半の男性の模様。
費用はホテル代のみ。通常はラブホテルですが、安価なレンタルルームも対応しているようです。

ぽっちゃり高齢処女の処女喪失サポートならロストバージンカフェ
基本は東京近辺。
対応してくれるのは30代の男性とのこと。
ぽっちゃり系の方や、30歳オーバーの処女の方はこちらが良いでしょう。
費用はホテル代のみ。表面上は募集停止しているようですが「お問い合わせ」から連絡してみましょう。

女性用風俗 女性専用マッサージ
基本は女性用風俗ですが、処女卒業サービスは無償で行われているようです。
プロのマッサージ師が対応してくれるようで、年齢も30代や40代の方まであり、かなり幅広く対応されている様子。
兵庫県を中心に活動されているようなので、兵庫・大阪・広島など関西方面の方向け。


いかがだったでしょうか。
なるべく痛みなく処女喪失をしたい女の子や、処女卒業やエッチに興味はあるけれども今すぐには相手がいないという子には1つの選択肢となるのかもしれません。